無理してマイホームを建てた結果 金額がどんどん膨らむ恐怖


スポンサーリンク


最近マイホーム計画がどんどん進んで、8月前半にやっと土地を囲む工事が終わりました。
計画的には何の滞りもなく進んでいるように見えました。
数日後現場を通りかかったところ、せっかく囲んだブロックを壊しているではないですか!
一人で作業していた職人に話を聞いたところ、「すみません、境界から30mm内側に入りすぎていたため、やり直していました!」とのこと...
その頃は暑く、日照りもあったため、「お疲れさまです。熱中症に気を付けてください。」と麦茶を渡して帰りました。
たまたま通りかかったから、見たのであって、ハウスメーカーからは何も言われていません。
一言連絡が欲しかったと思いながら、その場で連絡もせず、頭の片隅に置いておきました。

ここに来て雨続き。工事は遅れ始めてきました。
工期を守ろうと突貫工事で品質が悪くならないか心配です。

その後書類のことや、金額の折り合いの件で担当者から呼ばれて事務所へ。
何やら整地の金額が150万円以上増えるとのこと。
思っていたより土の量が多く、また、高さ70mmの縁石の切り下げ分の金額がかさむとのことでした。
土の方は大した金額ではないのですが、問題が縁石の切り下げ分です。
「私の家の車はそのくらいの高さなら問題なく乗り越えられますので、切り下げなくて良いです。」と金額が膨らむのを阻止しました。
ですが、「今確認したところ、もう作業しましたので...」と言われました。
そこでピンときました。もしかしてあのやり直しの分も請求に入っているのでは...
担当者にそのことを話したところ、「あ、見てましたかww大丈夫です、あれは請求には入りませんからww」と軽く答えられたので、拍子抜けです。
今思えば、その分の材料費や人件費はどこから出ているのだろう。請負会社で負担してるのかな...と疑問に感じていました。

見積プラス150万円以上の請求を言われましたが、その工事を許可していないし、ハンコも押していません。
大体、外構や整地は別契約なのに契約していませんでした。担当者が忘れていたようです。
こんな金額の工事を勝手にして請求されるのは問題なので、交渉した結果、縁石切り下げ分の工事費はハウスメーカーで負担になりました。ま、当然ですよね。
土盛はしっかりしてもらいたかったので、プラス30万円でしたが、そこだけ妥協してOKを出しました。
あまり文句を言ったりケチって適当な工事をされたら、たまったもんじゃないですからね。
これで総額が30万円増えてしまいました。これならテラスルームが付けられたのに...と思いましたが、仕方がありません。

今回のワンポイント。「契約書は、すぐはんこを押さない!見積と大幅に違う金額を提示されたら、はんこを押す前に少しでもおかしいと思ったら質問、チェックをする!」
金額チェックは重要です。はんこを押したらおしまいですよ。
しっかり何のための工事なのか、それは必ずやらなければいけない工事なのか?確認してからはんこを押しましょう。それで後悔している人はたくさんいます!



この記事へのコメント